住宅ローンは一生の買い物

やっと手に入れた念願のマイホーム、将来の家族構成、生活設計に思いをはせる至福のときです。場所を手当てし、住宅のスペックを決めて契約、そのためには資金調達が必要になります。どこから借りれば有利なのか、何年のローンを組めばよいのか、簡単に答えが出ることはありません。宅建業者の提携している金融機関のローンに頼るのも一つの手ですが、自分のライフプランにあったものかどうか、よく確認しておかないと後悔することにもなりかねません。 住宅ローンは、国が働く国民の生活水準の向上を意図して、比較的緩やかな条件で住宅資金を貸し付ける仕組みです。かつては民間金融機関は企業にお金を貸すのが優先で、住宅ローンの拡大に消極的な時期がありました。その頃は住宅金融公庫や、企業内の福利厚生の一環としての住宅融資などに頼ることが一般的だったのです。いまでも公的金融の役割は大きく、長期・低利のローンを供給しています。

フラット35は固定金利で長期の資金ニーズに対応

公的な住宅ローンの代名詞ともいえるのが「フラット35」です。住宅金融支援機構が長期・低利のスキームを提供して、民間金融機関が販売するローンです。その他にも地方自治体が提供する公的融資などがありますが、職種を問わず誰でも、新築・中古、戸建て・マンションを問わず利用できる公的ローンはこの「フラット35」だけです。フラット35は、融資期間が最長35年の固定金利ローンです。民間金融機関のローンは長くても10年程度しか金利を固定できません。 それ以上長期の資金の出し手がいないので、35年にも及ぶ金利リスクを取れるのは、政府の支援がある公的金融だけです。 いまは金利が歴史的な低水準にあり、変動金利や2~3年の固定金利では、フラット35の金利はあまり魅力的ではないかもしれません。しかし、万が一金利が上昇し始めると、返済は非常に困難になります。安定的な収入が長期にわたって見込める人には「フラット35」の検討をお勧めします。