もし転勤を言い渡されてしまったらどうする?

ずっと同じ場所で働いていけると思っていても、遠くに赴任しなければいけない状況になることだって将来あるかも知れません。家族がいるなら、短期の出張であれば単身赴任をすることもあるでしょうが、長期の転勤となれば家族と共に赴任先の地域へ引っ越すこともあるでしょう。そうなった場合、マイホームをどうするかということを考えないといけませんよね。転勤先の地域に引っ越すことになると、誰も住まない家に住宅ローンの支払いだけが残ることになります。解決策としては、ローンの返済のために、価値の高いうちにマイホームを売却するか、賃貸物件や空き家にするなどの方法もあります。転勤の期間のことなどを考慮して、慎重に吟味して選ぶ必要があるでしょう。

遠方へ転勤!そんな時の3つの対策方法

突然の転勤があったとき、マイホームをどうすればいいのかということについて悩みますよね。単身赴任ではなく、転勤先で家族一緒に暮らすことになると、マイホームは売ってしまうか、人に貸すか、空き家にするかという3つの方法を考えることになります。もし、3年以内に家に戻る予定なら、短期間での賃貸の需要は少なく、借りる人が出てこない可能性があることから空き家にしておくのが無難です。3年や5年と戻る予定期間が決まっているなら、賃貸にしておくのも一つの手段です。その際は住宅ローンを借りた銀行などとの契約違反となることもあるため、借入先に相談しておきましょう。家に戻ることがないと判断できれば、売却するという選択が有力候補となります。売却のメリットは、買い換えができることです。ローン状況によっては、残債よりも高く売れるケースもあるため資金に余裕も生まれます。