アクシデントを見据えた対策が必要

注文住宅を購入する際は、貯蓄や贈与などによる自己資金で、一括で家を購入できる人は少ないです。多くの人が何十年と長期に渡って住宅ローンの返済をしていくことになります。そのため、入念な支払い計画を立てることが鉄則です。しかし、住宅ローンの支払い計画は、将来の収入を見越しながら立てていくものですが、突然に計画が狂ってしまうことだってありえます。リストラや転勤、災害などの予想もしなかったアクシデントが起きる場合があるのです。そんなことがあれば、ローンの支払いに困ったり、高額な出費も出てくるかも知れないので、支払い計画を見直さないといけなくなるでしょう。最終的に、支払いに滞ってマイホームを手放すことということにならないように、保険などの備えをしておくと良いでしょう。

万が一、失業した時のためにそれに対応した保険に加入する

長年会社に勤めていても、企業の経営悪化により、収入が減ったり、リストラに合って再就職を見つけなければならない状況になることもあります。住宅ローンが退職金で払い切れなかったりすると、ローンが重くのしかかることになります。支払いが滞ってマイホームを売却することになっても、ローンが残れば新しい賃貸住宅の家賃と重なって、家計に大きく響くことでしょう。そんな大きなリスクを回避するために、失業信用費用保険の備えが頼りになります。この保険を契約しておけば、会社都合のリストラなどで失業したときに、半年程度月々の支払いが保険金で充当されることになります。その間に再就職を見つけて、新しい会社の収入で毎月負担なく住宅ローンの返済ができるなら、マイホームを売らずに済むのです。自分は大丈夫と思っている人もいるかも知れませんが、万が一のことを考えて保険サービスを検討してみると良いでしょう。